スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うり坊の炒め物

うり坊のお肉を使って久しぶりにジビエ料理を作りました。

簡単ですがレシピ風なものを紹介。
冷凍保存しておいたうり坊を解凍し、できるだけ細く切っていきます。

うり坊料理


イメージはチンジャオロース。
切った肉は下味をつけて3時間ほどおいておきました。

うり坊料理の下味

使ったみりんは大好きな三河みりん

甘くて美味しくて~♪
私はお酒に弱くて全然量が飲めませんけれど、この三河本みりんはちょこちょこと飲んでいたり。
はい、そのまま飲んでもとっても美味しいんです。
今も飲みながらこれを入力していたり☆

鎌田のだし醤油も有名ですよね。
だし醤油って書いてあるから最初、そのまま汁物などに使ってみたのですが、出汁の味が薄くて醤油が強くて使いづらいなあと思っていました。
でもこれは醤油と思って使うととても美味しいんですね。気づくのが遅いってば(^^;

三河みりんとだし醤油と生姜を肉にあわせてモミモミしてから空気が入らないようにしばって冷蔵庫へ。


で、こんな感じに。

うり坊の炒め物

あれ?チンジャオロースじゃない?
はい、変えました。
塩分を気にする夫のことを考えて、薄味でしあげようと思い、チンジャオロースはヤメにしました。
塩漬け保存しておいたたけのこも塩抜きして準備したのですけれど、『濃い味は避けたい』と言われたらそのように料理しますです、はい。

ではうり坊のお肉の感想をば。
今回はしっかりと加熱してあります。
でも、うり坊の肉はそれほど硬くなりませんので使いやすいです。
薄味にしましたので、お肉の味がダイレクトに伝わってきます。
流通している牛や豚よりも野生的な味ですが、ジビエが苦手な夫が平気で食べていますので、一般的に許容範囲内の野生さなのでしょう。
私はもちろんヘーキですけれど☆


この日の晩ご飯はこんな感じです。

DSC_0654 (640x360)

献立等に興味あるかたは別ブログのにゃごにゃな毎日をご覧ください。
にゃごにゃな毎日 『今日の晩ご飯

ごちそうさまでした。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

猪が入った煮物

DSC_0480 (640x360)

最近涼しくなってきましたね。
肉を使って煮物を作りました。
入っているのは肉、人参、ごぼう、こんにゃく、フジマメです。

肉を一口サイズよりも少し小さめに切って、油をひいたフライパンで表面を焼く。
別鍋にお湯をわかしておき、焼けたを入れ、しょうがやネギの青いところ、人参のヘタなど香味野菜と一緒に圧力鍋で煮る。
ある程度柔らかくなったら香味野菜を取り出して捨て、乱切りにした人参、ゴボウ、一口大に切ったこんにゃくを入れ、足りなかったら出汁を足し、まずは砂糖と酒、みりんを入れて10分程度圧力をかけずに煮る。
醤油を足して5分程度圧力をかけずに煮て、別茹でしたフジマメを入れてふたをして煮て、圧力がかかったら火からおろして発泡スチロールの箱で一晩保温調理。
翌日食べます。

使ったの部位はたぶん肩肉かな?トンビみたいなところもあったし。
圧力鍋は便利ですが、肉がちょっとボソボソした感じになる気がします。煮あがったら片栗粉か小麦粉で少しトロミをつけたほうがいいのかも知れませんね。

ネギや人参のヘタなどは冷凍して集めておき、こういうときに使っています。
今回は山椒の粒が数個入っていたみたいで、下煮段階では汁がピリリとしていました。完成したらそんなことはなかったけど。

煮物を作ろうとごぼうは買いましたが、他の具材は家にあったものを適当に選んで入れました。
フジマメ(別名:千石豆、ツルマメ)はマイナーな野菜ですので、普通にインゲンでよいかと。

この日のメニューなどは別ブログ「にゃごにゃな毎日」で紹介していますので、興味あるかたご覧ください。
にゃごにゃな毎日「今日の晩ご飯


ごちそうさまでした。






 
関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

ジビエ苦手な人用の鹿カレーレシピ

昨日、鹿の足1本をばらしました。
レッツ焼肉!(猪と鹿と子牛のタン)
そのときにでたスジと、冷凍してあったスジとをあわせてじっくり煮て、鹿スジカレーを作ろうかなっと。

今回は鹿のジビエっぽい味をとことん薄めたカレーにします。
ツレがジビエ苦手なので(^^;
ではレッツクッキング♪

鍋にお湯をわかして鹿スジを入れます。
DSC_0193 (640x360)
お湯がにごっていますねえ。。。

沸騰させるとアクがものすごーっく!!でます。
DSC_0194 (640x360)

肉に完全に火が通ったら、ザルの中にザサーッとあけて、水の中で肉をモミモミ洗い。
はい、綺麗になりました。
DSC_0197 (640x360)

そして再度鍋にお湯をわかして、綺麗にしたお肉を入れてことこと煮ていきます。
DSC_0199 (640x360)

もうアクはほとんどでないです。
今回は実にメジャーな味付けにしますので、市販のカレールーを使います。
煮込むときに赤ワイン使いません。クローブやシナモンを炒めてとか見向きもせずです。
入れたのはニンニクと乾燥ローリエのみ。
DSC_0221 (640x360)
庭のローリエを剪定した時に出た葉を乾燥させて使っています。
フレッシュなものよりも乾燥品のほうが香りが出る気がするのです。

最初は鍋でことこと煮て、後は発泡スチロールに入れて保温調理してたんですよ。
DSC_0200 (640x360)

ご飯を作る合間に、煮る→保温調理を何度か繰り返して。
明日食べようと3日の夜に肉の茹で具合を確認したら・・・ぜんっぜん柔らかくなってないのーー
さすがスジだわ。。。手ごわいわ。

なので最終手段、圧力鍋使いました。
DSC_0220 (640x360)
高圧で約30分煮て、はい、さすがに柔らかくなりました。

後はごく普通のカレー作るように人参乱切り玉ねぎ&ジャガイモ大きめカット。
鍋に油入れて玉ねぎ炒めて人参入れてジャガイモ入れてちょいと炒めてお湯入れて20分くらい煮てカレールー入れて。

茹で上がったお肉はザルにあけます。
今回はジビエの味を消したカレーなので茹で汁は使いません。
で、野菜カレーの中に肉入れて少し煮て火を止めて、翌日のお昼にいただきました(^ω^)
DSC_0230 (640x360)

スジも柔らかく煮えててGOOD♪

カレーの上にかかっているのはハバネロのチレ・チポトレです。
夫が辛いの苦手なのでこのカレーは全然辛くありません。
逆に私は辛いもの大好き!
なのでハバネロをトッピングしました。
ちなみにこれ、いつもお世話になっている群馬の唐辛子屋さん『Peppers.jp』さんから以前購入したものです。
DSC_0226 (640x360)

Peppers.jp チレ・チポトレ(ハバネロ・レッド) 15g
燻製香と相まってすっごく美味しいんですよ(^^)♪
今回はたぶん2個分くらいをみじん切りにして使いましたので、辛さも充分に楽しめました。

ごちそうさまでした。

P.S.
茹で上がった鹿スジの一部をとりわけて冷凍しました。
DSC_0223_1 (640x360)
これは次回、元料理人の友人宅のホームパーティに持っていって鹿スジ丼作っていただこうかなと。
コンソメと砂糖と醤油で甘辛く煮た鹿スジがすっごく美味しいんですよ。
でも自分で作るとあまり美味しくなくて(×_×)
なので、作っていただくのだ☆













関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

残ったお肉でいのしか焼きそば

昨夜のジビエ&子牛タン焼肉の時に、猪と鹿の肉と野菜が少し余りました。
今日の昼はそれらを使って焼きそばです。
DSC_0202 (640x360)

残っていたお肉と野菜は全部千切りにして、庭からヒユナ収穫して、エノキ入れて肉&野菜と麺を別々に炒めてドッキング。
美味しかったです。
ごちそうさまでした。




関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

レッツ焼肉!(猪と鹿と子牛のタン)

毛付き鹿足の写真があります。
苦手な人は読まないようにしてくださいね。
読むかたは、続きを読む↓をクリックしてください。

続きを読む

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

ジビエじゃないけど子牛のタン

焼肉で美味しいタン。
子牛のタンをいただきまして、鹿や猪と一緒に焼肉にしました。
この日記ではタンそのものの写真がでますので、苦手な人は見ないようにしてくださいね。
続きを読むをクリックしたら、空白ののち日記が始まります。

続きを読む

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。