スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマモモ肉のロースト

アナグマのモモ肉1本を使って、まるごとローストしてみました。
13531415_1961538926_93large_20150729230755f0f.jpg


加熱時間や方法などは全部アバウトですが、レシピを載せます。

アナグマのモモ肉1本を、前日夜にフレッシュローズマリー、オールスパイス、赤ワインでマリネする。
右側の肉です。
13531415_1961341459_206large.jpg


焼く数時間前に冷蔵庫から取り出し、肉を室温にしておく。
フライパンに油を少し多めに入れて、表面をこんがりと焼き付ける。
フレッシュローズマリーとオールスパイス、乾燥オレガノを焼いた肉にぺたぺたとまぶしつけ、210度10分で余熱したオーブンで、まずは10分間焼く。
その間に、焼いたフライパンの油を減らし、赤ワイン、砂糖、コンソメを入れて煮詰める。
オーブンから肉を皿ごと一旦取り出し、赤ワインのソースをかけて、再度オーブンへ。
210度で20分焼いた後で温度計を肉に刺し込み、中心温度を測定する。
この時は65度でしたので、更に10分間焼く。
肉の温度が落ち着いてから、食べやすい大きさにきりわける。

ソースですが、甘すぎる味はアナグマには合わないなと思いましたので、猪や鹿の時のように甘めにはせず、とろっとするまで煮詰めず、バターも入れませんでした。

完成です。
13531415_1961549120_79large.jpg

左手前側には、ヒレ肉(内ロース)をフライパンで焼いたものをのせてあります。

味の感想です。
とにかく、ハーブの実力に驚きました。
獣臭がするのですが、ハーブの香りと一体化して、全然気にならないレベルになっています。

モモ肉に脂がついているのですが、ちょっと噛みきれません。
肉をしっかりと加熱していますので硬めです。

肉の味は…なんだろ?
一般的な動物の肉では、似ているものがない感じです。
ヌートリアよりも野性味が強い感じ。
獣臭はヌートリアに近い感じ。

そして、アナグマの肉は、日本の調味料よりも洋風の味付けのほうが合う気がしました。


ごちそうさまでした。








関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。