スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマ試食

解体したアナグマの味を確認してみました。

フライパンに油を入れず、アナグマの脂を使って焼いて。

DSC_0976 (640x360)

DSC_0978 (640x360) DSC_0977 (640x360)

首肉と背ロースの上側部分と、内臓に一番近い腹の肉を焼いて、味付けなしで試食。

脂に臭みなしだが、猪のような甘みもなし。普通に食べられる味
美味しい部類の肉の味だが、若干の臭みあり。カブトムシのような。アンモニア臭かな?
肉質は硬くなく、歯で噛み切れる柔らかさで弾力がある

今まで食べたジビエの四つ足の中でランクをつけるとすれば、鹿よりもランクが落ち、ヌートリアよりは上って感じ。

若干の臭みをどのように生かすかで印象が変わると思います。
たぶんこれは醤油ベースの煮物には合わないと思う。
クミンとか中東の雰囲気の煮物にぴったりな気がします。
もちろん燻製もよいかと。

という試食を解体中に行いました。

そしてただいま細切れ肉を使ってカレーを作っているところです。

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。