スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪アバラの蜂蜜シナモン

猪のあばら骨を使ってどんな料理作ろうかなー っと。
いつもは燻製にすることが多いのですが、燻製だと身を綺麗に食べきることができないんですよね。骨にくっついてて。
なので、別のものを考えているときに、そういえばジビエの料理本でキャラメリゼってのがのってたよな・・・
あれって要するに甘くすればいいんだよな・・・

んー、作っちゃえ(レシピ見ずに)

DSC_1111 (640x360)

アバラを焼きます。
小さい個体なので骨が細いです。

焦げ目も多少ついたし、水入れて加熱してみよ。
なんかお酒・・・ああ、赤ワインまだ買ってないや。んーーー

ブランデーでもいいだろたぶん。

DSC_1114 (640x360)

香りつけになにか欲しいな。
あ、そういえば冷凍庫にシナモンスティックあったな。入れてみよ。

  ・
  ・
  ・

香りすげっっ
ちょっととりだしとこう


アクをとり、肉が柔らかくなるまで圧力鍋で加熱。
肉が骨からはずれやすくなります。

はい、高圧で20分間煮ました。

そして汁だけフライパンに戻し、水分をとばして。

汁をなめてみたらシナモンの香りが薄くなってましたので、さきほどのシナモンスティックを再投入。
香りがでたのでまた取り除き。

そして汁の中に蜂蜜と中濃ソースをどば~~っと。

DSC_1117 (640x360)

水分がだいぶ減ってきたらアバラ骨入れて、焦げないように気をつけながらソースを全体にからめていって。

DSC_1118 (640x360)

またシナモンの香りが薄くなったので再度スティック投入しています。
アバラ骨の上側に写っていますね。

はいっ、完成。

DSC_1121 (640x360)


食べた感想。
これ、いいね♪

単純な味付けでしたので味に深みはありませんが、シナモンの香りと肉の味が合っています。
肉と甘みが合うってことは以前から知っていましたが、これ食べて再認識しました。

でもちょっと甘すぎました(^^;
汁を全部煮詰める料理の時は調味料をシビアに足さなきゃいけませんね。

そしてこれだけの量を二人で食べきれるはずもなく。
翌日の昼、残った分を冷たいままで食べてみました。
甘みが抑えられ、肉にも硬さがあり、こっちのほうがいい感じ。

これ、美味しいから、今度なにか皆で集まるときに作ってもっていこうと思います。

ごちそうさまでした。

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。