スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べた後の利用法

今日は池袋のサンシャインシティーで開催中のミネラルショーに行ってきました。
サンシャインではへんないきもの展もやっていますし、明日12月5日6日はレプタイルズワールドもあって、なんだかにぎやかですね。

で、最初に紹介したミネラルショー、メインは鉱物・化石・宝石ですが、こちらでも生き物関係があったりします。
Hyo-tanさんのブース

DSC_1646 (640x480)
(写真はすべて撮影&掲載許可を受けています)

ヘビ、ウサギ、鴨、カメ、アンモナイト、クロ メンガタスズメ、ブダイなど。

Hyo-tanさんは自然素材を使った装飾品を作っています。
石や木だけでなく、骨や昆虫も使っています。
そしてその中には、私が食べた後の骨も使ってくださっていたり。
http://gibier5656.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

カラスとキジの足(カラスは私が食べたものではありません)
DSC_1631 (640x480)

ヤマドリの羽
DSC_1634 (640x480)

他にもたくさんあります。

獣や鳥を仕留め、肉を美味しくいただき。
残った羽や毛皮や骨、捨てるの申し訳ないなもったいないなと感じている人も多いと思います。
私もその一人です。
なので、こうして新たに生まれ変わらせてくださるHyo-tanさんはありがたいです。

そしてこれらは結構人気あるんですよ。
どのような人が買われるのか聞いてみましたら、女性や、ごく普通の服装をした男性が多いとか。
実際、私が見ているときも興味津々で手に取る人、購入される人がいらっしゃいました。

Hyo-tanさんの創作は独創性がありすぎですけれど、もう少し簡単なものでしたら一般の人でも製作可能かなと思います。

DSC_1639 (640x480)

ピアス金具と歯を繋いでいる部分を作るのは難しいかもですが、歯を磨いて、穴をあけてピアス金具を買ってきて作るくらいならできそうかも。
ご自身で仕留めた獲物の一部を装身具にして残すのもいいかも知れませんね。

難しいな自分では作りたくないなというときは、Hyo-tanさんは素材持ち込みも受け付けておられますので、ミネラルショーなどに出展されているときに持ち込むのもよいかと思います。


P.S.
先日、骨を送りまして、今日、お礼が現物支給で帰ってきました。

DSC_1662 (640x480)

今度自分で紐つけてペンダントにしよっと♪

関連記事

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。