スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿解体体験に参加してきました

今日は鹿の解体体験に参加してきました。
この解体教室はグッドハンティングさんのサイトで知りました。

開催場所は埼玉県飯能市の猟師工房さん(Facebookページ)。

私は電車で向かいましたので、猟師工房さんの最寄り駅の武蔵横手駅で降りて。
当日はすっごくいい天気!
DSC_1469 (640x480)

まさに雲ひとつない快晴でした。
主催者の虎谷さんが待っていてくださいまして、電車で来た人達と一緒に歩いて猟師工房さんのところへ向かいました。


DSC_1470 (640x480)
 
DSC_1471 (640x480)


参加者は・・・12~14名くらい?
建物の中には鹿が二頭、一頭は作業台の上に、もう一頭は吊るした状態でした。
両方とも内臓を抜いた中抜き状態で、メス鹿とのことです。

最初に主催者の虎谷さんからご挨拶と注意事項などの説明があり、解体作業に移りました。
まずは皮をはぎ、後ろ足、前足、あばら、ロース、ヒレ、頭など、大バラシをします。

解体手順を実演しているところをしっかりと見たかったので、主催者のかたに承諾を得て、今回私は解体作業はしませんでした。
今まで自宅で何度か解体していますが、なにせ独学のため、細かいところまではよくわからなくて。
なので今回はどのように進めていけばよいかを知りたくて参加しました。

参加された方々で実際に解体経験のあるかたは2~4名くらい。このような体験イベントで一、二度体験されたそうです。
ほとんどのかたは初めての体験ですので、最初はナイフや包丁の使い方が少したどたどしかったです。
でも、作業をすすめていくうちにどんどんと上達されていくのがわかり、興味深かったです。

解体中の写真は今回掲載しません。
写っているのは私ではなく私の知人ですし、解体の全容は写していませんので。

大バラシまで終わった後は、骨から肉をはずす作業。
これもなかなか難しかったようです。
頭からタンを取り出すやり方を初めて見ました。勉強になりました。


解体が進み、そろそろお昼時に近づいてきました。
今回の解体体験教室では、任意で鹿肉の試食もできます。
希望者は~と聞かれて、食べたいとみんなが挙手。それを楽しみの一つとして参加されるかたが多いですものね。納得です。

解体した肉を食塩水で洗って綺麗にして、今回食べるロースとモモ肉を使って、主催者さんがトリミングのやり方を実演されました。

そして食事タイム。
事前に作ってあった料理をまずはいただきました。

鹿ソーセージ
SN3U0011 (640x480)

鹿ソーセージと鹿シチューとご飯
SN3U0014 (640x480)

鹿コロッケ
SN3U0017 (640x480)

そして今日解体した鹿の料理。

鹿のロースト
SN3U0016 (640x480)

鹿カツ
SN3U0015 (640x480)

それから、駆除で仕留めたスズメバチの唐揚げもでたり。
SN3U0022 (640x480)

鹿づくしプラススズメバチという、一般のご家庭ではあまり食べられない料理をご馳走になりました。


今回解体した肉ですが、希望する人は持ち帰ることができます。
で、希望する人を募ったらみなさんが欲しいと。まあそうなりますわよね(^^)


主催者さんが肉を分けている間、私たちは猟師工房のかたと一緒に猟犬を連れて裏山を散歩しました。


SN3U0018 (640x480)

SN3U0021 (640x480)


わんこ、元気いっぱい!!
動くの早いですね。さすが猟犬だわ。

猟師工房さんの裏山は狩猟区域とのこと。
山道の左側に小川があり、猪や鹿が水を飲みにくるそうです。
斜面にはたくさんの獣道がありました。

途中でわんこが激しく吠え出して。
獣のにおいを嗅ぎつけたそうです。
一方向をむいて鳴き続ける狩猟犬。訓練を受けた犬の姿を見ることができました。


猟犬とのお散歩を終えて猟師工房へ戻ると、お肉が分けられていました。
ロース希望とかでわけるのではなく、今回は皆だいたい均一に肉を分け、どの部位が入っているかは家に帰ってからのお楽しみです。

分配した肉のほかに、骨や、骨に残っている肉は持ち帰り自由とのこと。
なので私はここでマイ骨すき包丁を初めて取り出して、アバラ分解や首肉をはずしていって。
あばらをはずしていたら希望する人がいましたのでもちろんお譲りしたり。それでも結構な量をいただきました。

12291260_887585841340095_928821810095202569_o (640x480)

右が皆で分配した肉、中央は骨から外した肉、左はあばら骨です。
分配した肉よりも持ち帰り自由な部位のほうが多いという(^^;

帰宅後、肉を綺麗にトリミングしたり漬け込んだり。

12308694_887699854662027_8718898170506781485_n (640x480)

実は鹿肉は久しぶり。
なのでとっても嬉しいです。
左の小分けされた肉は一旦冷凍します。
明日は鹿料理だーーー(^▽^)♪



今回は鹿解体体験の初日。今後も解体教室が開催されます。
狩猟免許を取得したけれど初猟まだのかた、狩猟に興味のあるかた、食肉がどのようにできるか知りたいかた、そして鹿肉食べたいかた、参加してみてはいかがでしょうか。
猟師工房さんは鹿角などの販売もされていますので、店内はとっても興味津々な場所ですよ(^^)

SN3U0023 (640x480)

SN3U0024 (640x480)

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。