スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿シチュー

鹿解体体験教室へ行った時に持ち帰った鹿肉を使ってシチューを作りました。

12308694_887699854662027_8718898170506781485_n (640x480)

その日のうちにマリネ液に漬け込みました。
写真でいうと右側の中央のがそれです。
ではレシピなど。

マリネ液は、赤ワイン適当、乾燥ローリエ3枚、ニンニク2かけスライス、玉ねぎ2分の1個すりおろし、ナツメグ2ふり。
はい、いつものように思いつきマリネですので調合は適当です。
半日ほど漬け込んでから調理開始です。

漬け込んだマリネ液をザルでこして、ローリエもとりだして、肉をフライパンで焼きます。

DSC_1477鹿シチュー (640x480)

この時にアクが結構たくさんでますので、ザルでこして捨てて。
これを3回繰り返したらアクがでなくなりましたので、再度油をしいて肉に焼き色がつくまで焼きます。
圧力鍋に水と赤ワイン適当と、こしておいたマリネ液&ローリエ、肉を入れて、アクがでるようならば一度とってから高圧で20分加熱。
肉の柔らかさをチェックして、OKならば、適当に切った玉ねぎと乱切りにした人参を加えて、ペットボトルのトマトジュースを半量程度入れ、高圧で5分加熱。
人参が少し柔らかくなっていたら残りのトマトジュースをいれ、デミグラミックスを入れ、少し煮て味をととのえる。
これで完成ですが、火を止めてから自然に冷まして味を含ませます。

DSC_1479鹿シチュ (640x480)

実は今回、ジャガイモが一個しかなかったので、トロミ付け目的で野菜を煮るときに小さく切って入れてあります。

鹿肉を焼くときにアクを取り去りましたので、とても食べやすい味に仕上がりました。
というか、ジビエが好きな人ならば「鹿の味がしないーっ」と怒るくらい自然な味になっちゃって。
ジビエが苦手な夫は喜んで食べていましたから、作ったほうとしては嬉しいのですけれど。

DSC_1481鹿シチュー (640x480)

ごちそうさまでした。

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。