スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪煮物を唐揚げに

最近お肉の在庫がジビエしかない状態になっちゃってて。
今夜もジビエ。猪肉の首の周りのお肉を使います。

解体しているとわかるのですが、頬の下から首にかけてなんだか白っぽくて凸凹してて、他の部位とは見た目や触感が違うお肉がついているのに気づきます。
俗に言う二重あごのお肉のイメージかな?

先日友人から、「ここのお肉って普通に食べられる部位なのですか?」と質問受けまして。
私はいつも他の部位と一緒に料理して食べていますので即答で「大丈夫ですよ~」とお答えしましたが、はて、実際その部位だけ食べたらどんな感じなんだろ?

ということで、今夜は首周りのお肉だけ料理してみました。

首周りの肉を食べやすい大きさに切り、先日作った猪すき焼きの汁を使って圧力鍋で煮てみました。
そして試食。

うーん、お肉が柔らかすぎる。。。
加熱前の触感でも他の部位よりも柔らかいのですが、煮たらより一層柔らかく、ちょっとぶよぶよした感じになっちゃって。
この食感は夫が嫌いなので、片栗粉をまぶして揚げてみました。

DSC_1772 (600x450)

衣がついたことにより食感が変わり、とても美味しく食べやすくなりました。
醤油そのままとかの下味ではありませんので、味は薄味です。

DSC_1771 (600x450)

こんな感じで出してみて、夫に食べてもらいました。
うん、OK♪

でもね、食べていたら、「あんかけにしても美味しいかも」と助言受けまして。
あー、確かにそれいいかも ということで、カブの甘酢漬けの汁を加熱して片栗粉入れてトロミつけてかけてみて。

DSC_1773 (600x450)

甘さが加わりますし、舌触りがよくなりますし、こっちもいいですね。


首周りのお肉はぶよぶよした柔らかさがありますが、美味しくいただけるということで☆

ごちそうさまでした。
関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。