スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジビエ調理オフ(調理編)

2月6日にジビエ調理オフを開催しました。
解体等も終わり、次は調理です。
食材・解体編では生々しい写真ばかりでしたが、今回はそのような写真はありません。よだれを垂らしながらご覧ください。

参加された方々にたくさんの料理を作っていただきました。
写真の多くは参加されたかたが撮影したものです。なので写真の色味が違っていたりします。
後から写真を見て、「あー、これ食べてないー」というものが多くて(T_T)
味の感想等がないところもありますし、料理名が違っているところもあると思います。まちがってたらごめんなさいぃ
そしてきちんと時系列に並んでいませんのであしからず☆


猪肉を使ったお好み焼き
お好み焼き12513559_553718331444571_388235466184808073_o (600x450)お好み焼きDSC_2361 (600x450)
(一枚目参加者撮影)
ジビエのお好み焼きを初めて食べました。肉が硬くなくて食べやすく美味しかったです。

猪の香草パン粉焼き

会場12657339_553718591444545_3421235958616602126_o (600x450)

香草パン粉DSC_2359 (600x450)
(一枚目参加者撮影)
パン粉が香ばしく、優しい味の子猪の肉にハーブの香りがとてもマッチしていました。



実は今回、調理するにあたって思いっきり不便なところがありまして。
長時間借りてしかも安い点がとても魅力的な場所なのですが、会場内では火器が使えません。カセットコンロだめ。
なので調理器具はすべて電気使用のものを使います。


ザイグルを使って焼肉です。

会場12710915_553718151444589_5983118587381623640_o (600x450)

ザイグル12645269_1559824877670827_6027622307428093026_n (600x450)
(参加者撮影)

このザイグルという調理器具、話は聞いていましたが、見るのは初めてです。
バタバタしていて実際の能力を確認するのを忘れてしまいましたが、煙りが出にくく、加熱時間もあまりかからないとのこと。
面白いものがあるのですね。


料理がどんどん作られていきます。

会場12657349_553718154777922_3717501058730102848_o (600x450)

脂飯12654358_1559824904337491_6780902703004123704_n (600x450)
(参加者撮影)

一枚目では猪の脂飯を作っているところなのかな?
今回、大量にあるアナグマの脂を燻製して持参しました。その脂を使って脂飯や炒め物を作ったみたい。
脂飯はもち米使用。ちまきのようにもちもちしていて美味しかったです。


アナグマの脂のしゃぶしゃぶと、カワウのホルモンソテー

アナグマ脂12698277_553718358111235_8978945963582846283_o (600x450)

カワウ12697407_553719201444484_4922327444376918542_o (600x450)
(参加者撮影)

アナグマは脂たっぷり! 余った脂を加熱して食べたみたいですね。
ほんと、クセがない脂なのですよ。逆にクセがなさすぎて物足りないくらい。
しゃぶしゃぶしてタレにつけたら蕩けそうな感じですね。美味しかったとのことです。

カワウはハツ、レバー、そして気管をソテーして食べていました。
魚を食べている鳥ですから内臓の味はきっと美味しくないと思っていたのですが、食べた人の話によると、それほどひどくないみたい。
これは意外でした。(私は食べないけどさ)



どんどん作っていってます。


12710879_553718318111239_6922826766385286734_o (600x450)

会場12672185_553718881444516_1548511638431860777_o (600x450)
(参加者撮影)

なんだろう?猪肉を煮込んでいるのかな?
会場備え付けのIHクッキングヒーターは3口。みなさん譲り合いながら調理を進めていってくださいました。


こちらは部屋の一角。


会場12698258_553718701444534_8975042650770457709_o (600x450)

キムチ鍋12716297_553718734777864_7154743054234206987_o (600x450)
(参加者撮影)

コンセントの数が足らなくなるとわかっていましたので延長コード等を持参しました。
場所もそれほど広くありませんので、こちらは部屋の隅っこでの調理。テーブルを用意できなくて申し訳なかったです。
そして、猪キムチ鍋を食べ損ねたーーーっ


猪キムチ鍋の横ではなにをしているかというと・・・

ソテー12512570_1559824911004157_8831589111433369171_n (600x450)
(参加者撮影)

イノシシのロースト バルサミコソースとブルーベリーソース

すごい(笑)
私も少しいただきましたが、加熱具合といい、ソースの風味といい、これは料理店で出してもおかしくない出来でした。
といいますか、作っているかたは元料理人さんだったりするわけで。
猪の後は各種ジビエ鳥をソテーしていただきました。
彩りに添えている濃い緑色の葉っぱは多摩川のハマダイコンの葉かな?


これは両方ともクスクスでいいのかな?


クスクス12695065_553718281444576_7421139232386264365_o (600x450)

クスクス12705483_1559824861004162_4839734326973519746_n (600x450)
(参加者撮影)

鳥の解体に時間を費やしていましたので、ほんと、よく見てなくてごめんなさい。
これも食べてみたかったな。


鳥料理二品です。


コガモDSC_2372 (600x450)

鳥12716223_553719414777796_633343563880960090_o (600x450)
(二枚目参加者撮影)

このシチューは参加者のかたが当初キンクロハジロで作る予定にしていましたが、たぶん、私がコガモを渡したと思います。
出来上がって食べた時の肉の味がキンクロハジロとは大違いでしたので。
コガモの味はとても優しくて食べやすいんですよ。なのでこのようなホワイトシチューにもよくあいます。

二枚目はソテーですね。
料理も後半になってくると、どの食材がどのような料理になったか把握しづらくなってきました。
特にジビエ鳥はほとんどを元料理人さんにお渡ししてソテーしていただきましたので、どの鳥だったかわからなくて。

そうそう、カワウですが、最初の予定では炊き込みご飯になる予定でした。
でも、解体しているときから漂う異臭に不安を感じ、単品でソテーしていただきました。
そして、食べてみたら・・・あれ?そんなにひどい味じゃないぞ???
はい、うま味は足りませんし若干の臭みはありましたが、思ったよりも食べやすい味で驚きました。



お酒ももちろんあります。皆さんが持ち寄ってくださいました。


酒12698373_553718474777890_5758584425958348432_o (450x600)

酒12697161_553719371444467_810042840025913005_o (600x450)
(参加者撮影)

ジビエにあうワインいただきました。ありがとうございます。
私はお酒をほとんど飲みませんので、他にどのようなお酒があったか知りません。
知っているのは自分が持ってきたお酒。
ホワイトリカーを使って色々仕込んでおりまして、このような集まりがある際に少しずつ持参しています。
ラム梅酒、ブランデー梅酒は普通ですが、菊酒、ドクダミ酒、紫蘇酒、ガマズミ酒、そして、

酒12711009_553719438111127_6012199505595414666_o (600x450)
(参加者撮影)

超激辛唐辛子酒www


これが結構きつかったようです。
コップにほんの少し・・・たぶん小さじ1杯くらいかな?お注ぎいたしまして、皆様を阿鼻叫喚の世界へといざないました。
でも中には辛さに強いかたもいらっしゃいましたので、そのかたには大さじ1杯以上を問答無用で何回か注ぎましたわ、はい。

酒DSC_2374 (600x450)

この超激辛唐辛子酒ですが、単品で飲むよりも同量の炭酸で割って飲んだほうが刺激が強いらしいです。
「うわっ」というお辛そうな声を聞けて私は最高に幸せです。(サド


料理はまだまだ続きます。


すき焼き12657909_553718971444507_4745080396112153153_o (600x450)

サルティンポッカDSC_2373 (600x450)
(一枚目参加者撮影)

すき焼きとサルティン・ボッカです。
すき焼きはアナグマかな?これ、食べ損ねました(T_T)

サルティン・ボッカを初めて食べました。生ハムで味付けをするそうですね。
こういうおしゃれな料理は自宅で作ったことがありませんので、興味津々で美味しくいただきました。


今回、タヌキを使って料理する人が風邪で急遽不参加となりまして。
「だれかタヌキで料理作ってみたい人いませんか?」とお聞きしましたら、名乗りをあげてくださるかたがいらっしゃいました。
前日にもかかわらず、夜遅くまで海外のサイト等を検索してレシピを考えてきてくださいました。

タヌキのシチュー(煮込み)です。

タヌキDSC_2371 (600x450)

彩りが綺麗!
タヌキの臭みを消すために炭酸で煮たそうです。
それでもたぬたぬ風味は若干残っていましたが、一緒に煮たさつまいもとあわせて食べると美味しかったです。
ほんのり甘いさつまいもとお肉、いいですね。


多くの料理が登場しました。
そして最後、猪のガラや残った野菜等でスープをとったジビエラーメンをいただきました。


ラーメン12698516_922864697812209_6551440123283629918_o (450x600)

ラーメン12694610_922864694478876_7430872671477523759_o (549x600)
(参加者撮影)

これがびっくり!!優しいお味ですっごく美味しいの!!
子猪の骨ですので濃いスープはとれません。ですが、それが逆に柔らかい味でよかったです。
そして麺も自家製麺。こちらも優しい食感でスープによくあいました。
作ってくださったかたは、製麺マニアの間では名の知れたかた。
噂は知っていましたが、食べたのは初めて。まさかこれほどの腕前とは知らず。びっくりです。



そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ。

この会場は宿泊可能ですので、私は泊まって片付けをします。
でも、手のあいた人達が随時片付けをしてくださいましたので、夜、みんなが帰るころにはだいぶ綺麗になっていました。
ありがとうございます。

宿泊組は4名。深夜2時ごろまで起きてだべってアイス買って食べて、はい、お休みなさい。


朝、残った食材等で朝ご飯食べました。

朝食DSC_2383 (600x450)

そして、床にゴミが残っていないように綺麗に掃除して、片付けて、ジビエ調理オフ終了。




今回、約25名近くのかたがご参加くださいました。
フェイスブックのグループ内で募集をかけたところ、一日で満席に。
会場がそれほど広くありませんしジビエを集めるのも結構大変でしたので、たくさん呼べなくてごめんなさい。

募集をかけるときに、扱ってみたいジビエ素材&作ってみたい料理を書き込んでいただきました。
解体が伴うイベントの時は、解体だけして料理作らないことが多いのですよ。でもそれって実にもったいないやん?
なのでそれぞれのお肉の担当をあらかじめ決めていただきました。

参加されるかたがたのほとんどは、解体するの初めてな人。
youtubeにアップされている鹿や鴨の解体動画を事前に見て、予習をしてきていただきました。
動画を見ても細かいところまではわかりづらいので、そこは解体経験のある方々でフォロー。

という具合にやりましたので、当日は比較的スムーズにできたのではないかなと思っています。
まあ、主催者が一番段取り悪かったですけれど orz..


またこのような形で調理オフを催したいと思っていますが、食材がなかなか揃わないのが難点です。
今回食べた食材は、もともとは生き物ですので、あまり大量に命をいただくことに対しても私の心の中で抵抗があります。

参加された方々が食材を無駄にせず上手に美味しく料理してくださったことが、私にとってとても嬉しく、そしてとても感謝しています。
不手際の多い主催者でしたが、もしまた機会がありましたら、一緒に楽しい時間を過ごさせていただければと思っています。

参加された方々、会場を手配してくださったかた、そしてジビエを提供してくださったハンターの皆様、本当にありがとうございました。

そして、ごちそうさまでした。

伊藤にゃごにゃ



関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。