スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマラードの燻製

大量にあるアナグマの脂
これをラードにしてみようかなと。

DSC_2330 (600x450)

切ってストーブの上で加熱。
せっかくストーブつけてんだから利用しないとね。

このアナグマの脂ですが、臭みがなくてとても上質な感じなのです。
加熱をしていると、若干ですが、ホワイトソースのようなにおいがします。

だいぶ溶けてきました。

DSC_2331 (600x450)

ストーブを極弱火にしていても軽く沸騰してしまう。まあいっか。

溶けたところを使って脂飯作って試食。

DSC_2332 (600x450)

脂飯なるものを今まで食べたことがありませんが、ネットで検索したら、どうやら甘辛いタレとラードをご飯にかけるらしい。
ということで、砂糖と濃縮麺つゆを混ぜて溶かして脂と一緒にご飯にかけて食べてみました。

脂と砂糖と醤油。不味いわけがないですよね。
でも、味のインパクトが薄かった。アナグマの脂が上品すぎるのです。

試しに、冷凍保存してあるアナグマ燻製時にでた脂をかけて食べてみました。うん、こっちのほうが美味い。

なので燻製してみました。

DSC_2333 (600x450)

加熱温度は適当でいっかなと、いつもは室内で温度管理しっかりやるところを今日は外で適当に。

DSC_2336 (600x450)

中に浮かんでいるのは脂が抜けた脂。俗にあぶらかすと呼ばれているものです。

とっても綺麗な琥珀色になりましたね。
内包物のグリッターがキラキラ輝くポーランド産アンバーのようです。とても美しい。。。

ラードだけどさ。


で・・・試食してみたのですが・・・うーん、若干ですが、脂が酸化したような感じを受けました。
燻製の時に流れ落ちた脂のほうが美味しいです。
たぶん、燻製の時は蜂蜜味噌に漬け込んでいますから、その味も入っていたのでしょうね。

そして脂よりも、あぶらかすのほうが美味しかった。
あぶらかすうまいよあぶらかす~~♪

この脂はジビエ調理オフの時に使いました☆

関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。