スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキシジミをできるだけ美味しく食べる(ちょっと手間だけど)

さて、潮干狩りをして味の確認用に持ち帰ったオキシジミを料理してみましょうか。



黒い大きな貝がオキシジミです。
知り合いやネットの評価を見聞きすると皆一様に「美味しくない」と。
でもぼうずこんにゃくさんのサイトでは「身は柔らかく、クセのない味わい。」とあり、そんなに悪い評価ではないんですよね。
これ、ひょっとして関東の海でとれたものが美味しくないのかも?

まあ、食べてみましょうか。

貝の臭みって内臓系にあると思うんですよね。なのでそれを取り除いてみましょう。
茹でて貝の口があいたら取り出して貝殻をひらいて中の身を取り出し、貝紐をはずし、身以外のうにゃうにゃしたところを取り外して捨て、黒っぽいもしくはなんか透明でヘン?と感じるところも取り外して捨てる。
そうすっと、貝紐とプリプリな身が残るというわけで。



左上が貝紐、右側は身。
左下の白いものは貝柱で、とれそうなところだけを集めました。
内臓系を取り外しましたので、これでもう砂が残っているということもありません。

さて、生っぽいのは怖いので、もう少し加熱しましょうか。
白ワインで煮ています。



それでは試食。パクッ

うお・・・食べていると後から化粧品の味がしてきますね。このケミカル風味、私はすっごく苦手なんですよ。。。
それでもまあ、内臓系を取り除いたからか拷問のように酷い味ではなく、まあ食べられるかなという感じ。
身の中に緑色の内包物がある個体(取り出し写真の下二つの身)のほうがケミカル味が強いです。

濃厚なパスタソースと和えるとケミカル風味がやわらぎました。というか、ほとんど消えました。



身の中にある緑色の部分も濃厚ホワイトソースと和えるとこれまた普通なお味に。



ということで総評。
手を加えればまあ普通に違和感なく食べられる味にはなりますが、貝にうま味があるわけでもなく、こんなに手をかけて調理せんでもええんちゃう?という感じかな。
ちなみに貝紐と貝柱は化粧品臭がほとんどなく、ごく普通にいただけます。

別の海で採れたオキシジミを食べてみたいです。
例えば通常の蜆でも関東の海産はケミカル臭がしましたが、以前に岡山の砂利ごろごろな川で採って食べたシジミは旨み濃厚でめちゃくちゃうまかった!!記憶があります。
なので オキシジミ = 美味しくない という評価をつけるのはやめときます。






関連記事

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。