スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿肉と鹿の胎児(ハラコ)

ご近所の女性ハンターさんから鹿肉を分けていただきました。
いつもありがとうございます(*^o^*)

11034437_753425444756136_3210596141741305184_o (640x480)

あばらとスネ、それから、鹿の胎児です。
(胎児は袋に入れて写しました)
あばらの燻製をまた作りたかったから嬉しいです。
鹿で一番美味しいのはスネ肉だと思っていますのでこれまた大感謝です。

しとめたメス鹿のお腹に赤ちゃんがいたようです。
今まで睾丸やペニスや脳などいろいろ食べましたが、胎児は初めてです。
ハンターさんからいただいた胎児は3頭です。
皮革の世界では胎児の皮はハラコと呼ばれ人気がありますが、これはまだ毛がはえていない状態です。
弾力があり、つるつるで、少し透明がかった肌色をしています。
骨がまだ硬くありませんので、切るときも抵抗なく包丁が入ります。

少し焼いて食べてみました。
10842082_753428451422502_1226589387453315731_o (640x480)

肉質がとても柔らかいです。柔らかすぎます。
焼いているときの感覚は、とっても柔らかい白身魚みたいな感じでした。
サラダ油で焼いただけの状態で試食。
皮がパリパリしていて、肉はとろけるように柔らかく、ふわふわ食感。

不味くないです。きちんと料理すれば美味しいと思います。
ふわふわ食感が楽しいので、衣をつけてフライにしたら美味しいかも知れません。

でも・・・ごめんなさい・・・私にはこれ以上料理できませんでした。。。


包丁を入れる時の心の抵抗感がものすごかったです。
食べなきゃ捨てるわけですから、それも本当に申し訳ないのですが・・・


とりあえず、解体した一頭と、丸のままの二頭を冷凍しておきました。
夏に女性ハンターさんの集いに参加しますので、そのときに持っていく予定です。


人間の心理はとても複雑にできているのだなと思いました。
普通の肉だって、元は生き物の命なのに、それは平気で、美味しく料理して食べたいという気持ちになります。
でも、胎児やうり坊やバンビや小型四つ足獣の肉を見ると、可愛そうという気持ちがおきてきます。
どちらも同じ命なのですけれどね。。。

ごちそうさまでした。





鹿肉 (約300g)

鹿肉 (約300g)
価格:2,052円(税込、送料別)


鹿肉スティック サラミ風味

鹿肉スティック サラミ風味
価格:930円(税込、送料別)


鹿肉ジャーキー

鹿肉ジャーキー
価格:930円(税込、送料別)




狩猟女子会にハラコを持っていきました。
http://gibier5656.blog.fc2.com/blog-entry-106.html





関連記事

テーマ : ジビエ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃごにゃにゃ

Author:にゃごにゃにゃ
プロフィールは画像クリック↓


検索フォーム
ひらがな・カタカナ・漢字それぞれで検索してみてください。 例:いのしし イノシシ 猪
oOo..
おすすめ本・DVD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
ご連絡はこちらから
oOo..
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。